BLOG

Brunch with Team Saarland #roadtotokyo2020 #friendship #olympianlife #travelife #openwaterswimming #leicamera  #leicalife
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

Brunch with Team Saarland #roadtotokyo2020 #friendship #olympianlife #travelife #openwaterswimming #leicamera  #leicalife
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

Brunch with Team Saarland #roadtotokyo2020 #friendship #olympianlife #travelife #openwaterswimming #leicamera  #leicalife
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

Brunch with Team Saarland #roadtotokyo2020 #friendship #olympianlife #travelife #openwaterswimming
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

#roadtotokyo2020 #leicamera #leicalife
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

Having long distance practice with #andreaswaschburger for #tokyo2020 in #SBIHoldings  #friendship #swimcamp #roadtotokyo2020 #travelife #olympianlife #tokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

『孤独が自分を成長させてくれる/TOKYO2020』僕はオーストラリアでの試合を終えて飛行機で20時間移動してドイツのザールブリュッケンという街に今いる。ドイツはオープンウォーターの超強豪国で2008年北京オリンピックから3大会の間で2大会でメダルを獲得して、3大会連続オリンピック選手を輩出している。ロンドン五輪後、引退してしまったドイツ代表トーマスルッツ選手はこの競技の絶対的王者であった。彼が引退後、ドイツの中心選手が今一緒にトレーニングをしているアンドレアス選手だ。 とにかくこの国は層が厚い。今一緒にトレーニングしている中でジュニアは、だいたい中学生くらいからオープンウォーターにウォーカスしているそうだ。僕が精神的にも肉体的にも大きな成長を感じるときは孤独の状態で自分と向き合って競技に取り組み考えて、考えて、考えている時だと思う。大学を卒業してパースに行った時。その後、ゴールドコーストに移った時。去年の今頃。テネシー大学に行った時。オリンピック選考会前、自分でメニューを考えながら、1人練習に取り組んでいた時。孤独を感じながら、絶対に篩にかけられる世界で生き残るにはどうすればいいかを考え続け生活すると毎回見えてくるものがある。そこが自分をステップアップさせるポイントだと思っている。今回もあえて厳しい道を自分で選んで進化する為に行動している。誰も知っている人がいない場所で、もちろん一緒にトレーニングしている選手やコーチは知っているが。孤独を感じる中で競技に取り組んでいる。そういう環境に身を置くと、自分の本心や、目標へのアプローチが明確になる。そして何より心と身体が強くなる。ザールブリュッケンでの合宿の後はオランダに移動して、リオオリンピック金メダリストのフェリー選手と合宿を行う。とにかく、新しい自分を作り、自分を世界のスタンダードにアップデートさせる事が大切だといつも思っている。今年の夏、世界水泳でメダルがほしい。これが今の1番のモチベーションだ。今日は1日で20km泳いだ。朝練ではメインで長距離移動後なのに良いタイムを出してコーチを驚かせた。僕のパフォーマンスを見てコーチが1週間じゃなくてもっと長くここで俺たちと練習しよう!と言った。 こういうところが凄く大事だと思っている。道場破りスタイルに取り組むなら、その道場で1番のパフォーマンスを出す事が次に繋がるからだ。昔も今もこの覚悟の気持ちは変わっていない。東京オリンピックで金メダリストになる為に1日1日力を尽くす事。絶対的な自信をその瞬間までにつけること。自信とは、自らに対する信頼であり、困難を克服できた時に初めて本物になる。写真はドイツ代表のCoach Hannesと。

『孤独が自分を成長させてくれる/TOKYO2020』僕はオーストラリアでの試合を終えて飛行機で20時間移動してドイツのザールブリュッケンという街に今いる。ドイツはオープンウォーターの超強豪国で2008年北京オリンピックから3大会の間で2大会でメダルを獲得して、3大会連続オリンピック選手を輩出している。ロンドン五輪後、引退してしまったドイツ代表トーマスルッツ選手はこの競技の絶対的王者であった。彼が引退後、ドイツの中心選手が今一緒にトレーニングをしているアンドレアス選手だ。 とにかくこの国は層が厚い。今一緒にトレーニングしている中でジュニアは、だいたい中学生くらいからオープンウォーターにウォーカスしているそうだ。僕が精神的にも肉体的にも大きな成長を感じるときは孤独の状態で自分と向き合って競技に取り組み考えて、考えて、考えている時だと思う。大学を卒業してパースに行った時。その後、ゴールドコーストに移った時。去年の今頃。テネシー大学に行った時。オリンピック選考会前、自分でメニューを考えながら、1人練習に取り組んでいた時。孤独を感じながら、絶対に篩にかけられる世界で生き残るにはどうすればいいかを考え続け生活すると毎回見えてくるものがある。そこが自分をステップアップさせるポイントだと思っている。今回もあえて厳しい道を自分で選んで進化する為に行動している。誰も知っている人がいない場所で、もちろん一緒にトレーニングしている選手やコーチは知っているが。孤独を感じる中で競技に取り組んでいる。そういう環境に身を置くと、自分の本心や、目標へのアプローチが明確になる。そして何より心と身体が強くなる。ザールブリュッケンでの合宿の後はオランダに移動して、リオオリンピック金メダリストのフェリー選手と合宿を行う。とにかく、新しい自分を作り、自分を世界のスタンダードにアップデートさせる事が大切だといつも思っている。今年の夏、世界水泳でメダルがほしい。これが今の1番のモチベーションだ。今日は1日で20km泳いだ。朝練ではメインで長距離移動後なのに良いタイムを出してコーチを驚かせた。僕のパフォーマンスを見てコーチが1週間じゃなくてもっと長くここで俺たちと練習しよう!と言った。 こういうところが凄く大事だと思っている。道場破りスタイルに取り組むなら、その道場で1番のパフォーマンスを出す事が次に繋がるからだ。昔も今もこの覚悟の気持ちは変わっていない。東京オリンピックで金メダリストになる為に1日1日力を尽くす事。絶対的な自信をその瞬間までにつけること。自信とは、自らに対する信頼であり、困難を克服できた時に初めて本物になる。写真はドイツ代表のCoach Hannesと。
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

@andreaswaschburger #friendship #swimcamp #roadtotokyo2020 #travelife #olympianlife #tokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

#roadtotokyo2020 @breakfastclubtokyoPhoto by @janseyju
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

Best of The Best ARIGATO 愛があるお店が好きです。いつも元気をもらえる場所。感謝です。@dave.chopchop @luigiandsonsbarbershop_qcentre#roadtotokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

1 74 75 76 77 78 79 80 81 82 102