#ストリートファイター#legoart #RoadtoTokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




『ワールドカップ中国大会・7位』大接戦でした!  この強豪メンバーの中で7位は良い結果です。 上手く気持ちを切り替えて落ち着いてレースができました。来週の香港大会も良い結果を残せるように準備します! 応援ありがとうございます!! #RoadtoTokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




『数年ぶりのワールドカップ中国大会』昨晩、試合会場の中国・淳安に到着した。早朝の便で成田空港から香港を経由して杭州へ。杭州空港からバスで2時間30分かけてワールドカップ中国大会の会場、淳安についた。杭州空港では、オフィシャルのバスが一台しか準備されておらず、2時間後に到着するカナダチームを待つ事になり、隣の国、中国なのに移動時間はヨーロッパに行くくらいかかり、およそ約1日の移動。相当な疲労になった。ワールドカップ中国大会に出場するのはおそらく2011年ぶりだろう。以前とは違う場所だが、北京や上海などの中国内の大都市に比べ、本当にローカル感が出ている。 ほとんどが英語が話せないし、中国語でとにかく話しかけてくる。オフィシャルのトレーニングプールは湖の中に仕切られたプールとは言えないプール、コースロープもなく非常に泳ぎ辛かった。試合は日曜日。来週の月曜から続くワールドカップ香港大会に出場する為に2年ぶりに香港へ。東京オリンピックに向けての1年目、色々な事があった今シーズンもこの2レースを終えれば終わりだ。目に見える大きな競技成績は今シーズンは残す事はできなかったが、自分自身をレーダーチャート図のように表現すれば、競技成績以外の部分は過去最高に飛躍したシーズンだった。短期的には失敗と捉えられてしまうだろうが、来年、3年後に見たときにはこの1年の僕の歩みのおかげで競技成績が大きく飛躍したとなるという期待しか今は感じていない。 僕には他の水泳選手より、傾聴力と主張力がある。 去年、今まで持ってる力と経験値を出してオリンピックを戦い、過去最高の成績を出した。 出し切った後、次の4年に向けて、仮説を立てて、どういう取り組みをしていこうと計画した。けれど、今年はその立てた仮説がことごとく外れてしまった。 自分自身で選択したことだから、悔いは全くない。きっと去年の夏に戻って、他の仮説を立てたとしても、今回選択した計画を選ぶだろう。だから、方法論が間違ってたのであって、なぜそうなってしまったのかも今、理解している。2009年の自分の立場と2013年の自分の立場と明らかに今の自分の立場は違うわけで、それは結果を出し続けてきたから。だから、今まで以上に結果を求められるし、答えていかなければいけない。心も打たれ強くならなければいけない。と強く自負している。僕は、最近、東京にいた時に、大学生の頃にノートに書いてたメモとかプチ日記を読み返して見たんです。読み返して気づいたことがあって、それはそこに書いてた事って8割くらい今、現実に叶っていた。という事でした。これ面白くて、当時、書いていた目標や課題の事を実際に叶えたり、解決してた時ってその時の事ってあんまり覚えてないっていうか、忘れてるんです。つまり、最初はそうやって意識しているだけど、頭の中でそれが無意識化していって、ある一定の時間を経て実現している。そこでまた見えない世界が見えるように、可能性に出会い、また何かを意識して目指し始める。 なんか人生ってその繰り返しなんじゃないのかなって感じました。で、ノートには狙った試合で結果が出せなかった時に書いた文章とかもあったんですね。その時の異常ではないくらいの悔しさが読み返すと伝わってくるくらい。今日ここに来るまで、あの時の結果が出せなかった悔しい想いをした自分がいたから、今日があるって改めて思って。僕は、今年から2020年まで常に100点を取り続けるんだ。ってすごく意気込んでたんです。失敗しない人間になるんだ。って。 ある意味完璧主義のような。 それは自分がオープンウォータースイミングでの第一人者でパイオニアだから、とにかく今まで以上に突き抜けたいって気持ちと責任を自分にかけなきゃって凄い意識したんです。ある意味自分自身を 洗脳するように。4月、アメリカに移る前までは流れや自分の状態も良かったんですけど、何事も新しい環境に移るという事は失敗やうまくいかないことに出くわす確率が高いわけです。世の中。けれど、僕は今までの自分の競技生活の経験からそういう事はない。準備も今まで以上にしたし大丈夫だという感情でした。ですが、アメリカに行ってからは計画していたプランがほとんどうまくいきませんでした。そういうカッコつけた思考回路に陥ってしまった事が失敗だったな。振り返ってみて感じています。だから、自分自身でしっかり、今シーズンを振り返って検証して反省をして、そして今回の失敗をなんでああしなかったんだろうとか、もっと早く切り替える事をしなかったんだろう。と自分をずっと攻め続けて負のスパイラルを自分で作っていくのではなく、失敗を許容して、来シーズンに向けてチューニングをして前向きにいこう。というのが今の僕気持ちです。そういう気持ちになれたのも今までの自分のおかけだと思うし、自分の 気持ちをなにかに書き残していたからだと思います。本田圭佑選手の言葉で「成功にとらわれるな。成長にとらわれろ。」って言葉がありますが、今シーズンを通じてまさにそうだよな。と強く実感しました。来年の夏には東京で4年に1度のパンパシフィック選手権が東京でありますから、そこでメダルを勝ち取り新しい歴史を作り自分自身に新しい自信をつけたいと思っています。
2017/10/14

『数年ぶりのワールドカップ中国大会』昨晩、試合会場の中国・淳安に到着した。早朝の便で成田空港から香港を経由して杭州へ。杭州空港からバスで2時間30分かけてワールドカップ中国大会の会場、淳安についた。杭州空港では、オフィシャルのバスが一台しか準備されておらず、2時間後に到着するカナダチームを待つ事になり、隣の国、中国なのに移動時間はヨーロッパに行くくらいかかり、およそ約1日の移動。相当な疲労になった。ワールドカップ中国大会に出場するのはおそらく2011年ぶりだろう。以前とは違う場所だが、北京や上海などの中国内の大都市に比べ、本当にローカル感が出ている。 ほとんどが英語が話せないし、中国語でとにかく話しかけてくる。オフィシャルのトレーニングプールは湖の中に仕切られたプールとは言えないプール、コースロープもなく非常に泳ぎ辛かった。試合は日曜日。来週の月曜から続くワールドカップ香港大会に出場する為に2年ぶりに香港へ。東京オリンピックに向けての1年目、色々な事があった今シーズンもこの2レースを終えれば終わりだ。目に見える大きな競技成績は今シーズンは残す事はできなかったが、自分自身をレーダーチャート図のように表現すれば、競技成績以外の部分は過去最高に飛躍したシーズンだった。短期的には失敗と捉えられてしまうだろうが、来年、3年後に見たときにはこの1年の僕の歩みのおかげで競技成績が大きく飛躍したとなるという期待しか今は感じていない。 僕には他の水泳選手より、傾聴力と主張力がある。 去年、今まで持ってる力と経験値を出してオリンピックを戦い、過去最高の成績を出した。 出し切った後、次の4年に向けて、仮説を立てて、どういう取り組みをしていこうと計画した。けれど、今年はその立てた仮説がことごとく外れてしまった。 自分自身で選択したことだから、悔いは全くない。きっと去年の夏に戻って、他の仮説を立てたとしても、今回選択した計画を選ぶだろう。だから、方法論が間違ってたのであって、なぜそうなってしまったのかも今、理解している。2009年の自分の立場と2013年の自分の立場と明らかに今の自分の立場は違うわけで、それは結果を出し続けてきたから。だから、今まで以上に結果を求められるし、答えていかなければいけない。心も打たれ強くならなければいけない。と強く自負している。僕は、最近、東京にいた時に、大学生の頃にノートに書いてたメモとかプチ日記を読み返して見たんです。読み返して気づいたことがあって、それはそこに書いてた事って8割くらい今、現実に叶っていた。という事でした。これ面白くて、当時、書いていた目標や課題の事を実際に叶えたり、解決してた時ってその時の事ってあんまり覚えてないっていうか、忘れてるんです。つまり、最初はそうやって意識しているだけど、頭の中でそれが無意識化していって、ある一定の時間を経て実現している。そこでまた見えない世界が見えるように、可能性に出会い、また何かを意識して目指し始める。 なんか人生ってその繰り返しなんじゃないのかなって感じました。で、ノートには狙った試合で結果が出せなかった時に書いた文章とかもあったんですね。その時の異常ではないくらいの悔しさが読み返すと伝わってくるくらい。今日ここに来るまで、あの時の結果が出せなかった悔しい想いをした自分がいたから、今日があるって改めて思って。僕は、今年から2020年まで常に100点を取り続けるんだ。ってすごく意気込んでたんです。失敗しない人間になるんだ。って。 ある意味完璧主義のような。 それは自分がオープンウォータースイミングでの第一人者でパイオニアだから、とにかく今まで以上に突き抜けたいって気持ちと責任を自分にかけなきゃって凄い意識したんです。ある意味自分自身を 洗脳するように。4月、アメリカに移る前までは流れや自分の状態も良かったんですけど、何事も新しい環境に移るという事は失敗やうまくいかないことに出くわす確率が高いわけです。世の中。けれど、僕は今までの自分の競技生活の経験からそういう事はない。準備も今まで以上にしたし大丈夫だという感情でした。ですが、アメリカに行ってからは計画していたプランがほとんどうまくいきませんでした。そういうカッコつけた思考回路に陥ってしまった事が失敗だったな。振り返ってみて感じています。だから、自分自身でしっかり、今シーズンを振り返って検証して反省をして、そして今回の失敗をなんでああしなかったんだろうとか、もっと早く切り替える事をしなかったんだろう。と自分をずっと攻め続けて負のスパイラルを自分で作っていくのではなく、失敗を許容して、来シーズンに向けてチューニングをして前向きにいこう。というのが今の僕気持ちです。そういう気持ちになれたのも今までの自分のおかけだと思うし、自分の 気持ちをなにかに書き残していたからだと思います。本田圭佑選手の言葉で「成功にとらわれるな。成長にとらわれろ。」って言葉がありますが、今シーズンを通じてまさにそうだよな。と強く実感しました。来年の夏には東京で4年に1度のパンパシフィック選手権が東京でありますから、そこでメダルを勝ち取り新しい歴史を作り自分自身に新しい自信をつけたいと思っています。
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




Qiandao Lake.#worldcup #RoadtoTokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




頑張るぜ。ここから一気に。#roadtotokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




今週も始まった。コツコツ取り組むだけだ。#RoadtoTokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




New Yasu.Photo by  Mami Otsuki#RoadtoTokyo2020 #olympian #olympicswimmer #openwaterswimmer #yasuhirai #shooting #いろいろこれからはじまるよ
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




読みたかった、遠山さんの本が届いた!!今から読む!楽しみ!!!#roadtotokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




先日、久々に松田さんと会いました!プレゼントもありがとうございます感謝です!! #RoadtoTokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




読了。 いろいろ考える。#RoadtoTokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/




1 2 3 4 5 44




COPYRIGHT (C) 2014 YASUNARI HIRAI ALL RIGHTS RESERVED.