BLOG

月別アーカイブ:2018年08月

She’s so much talent @wegmells ️️️ #TOKYO2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

me lose one of my time chip in one hand. In the last stroke, that hand without time chip came to touch the goal panel, that resulted in me missing out of qualifying for Pan Pacific by split second. That morning of the qualifying race I had coughs and fever, and I was that close to qualifying. I didn’t want to look back and wanted to throw that bad memory in a bin, yet I found myself carrying and dragging that memory with me. I was utterly disappointed when I got home. Litres of tears came down like never before. I wanted to curl into a ball in my room and just disappear. How wonderful could it have been if I won a medal in Pan Pacific in my home town? I would be happy and everyone who supported me would have been happy. They could have thought “it was worth supporting Yasu”. During watching Pan Pacific, I met eyes of Tateyama city mayer Mr. Kanemaru, and I couldn't be sorrier. As a Tateyama ambassador, it would have been great to win a medal today… Everyone. I am so sorry. I don’t want to feel like this ever again. Olympic qualifying world cup is next year. The Tokyo Olympics is in 2 years. I want to get a good result for me and for you all so we can all be happy.  I am going back to Miyazaki tomorrow. I’ve never been more aware that I am a weak person in the last few months. I feel that every day. So please, I beg you. As long as I am not giving up, please don’t give up on me. Pease give me strength. Thank you so much for your wonderful support.
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

I went to see the Pan Pacific today. I had no intention of going as I was training in Miyazaki. Perhaps I thought that I wasn’t ready to watch the race that I was supposed to be racing in. But two weeks ago, a person from America I know since I started off as a young open water swimmer insisted that although it will definitely be a very hard thing for me to do, I go and watch the race. “I can’t watch it” was an answer I gave to him. I just couldn’t even imagine it. My mind hadn’t changed until the very last minute. It was a difficult decision to make, but I decided to go. Many of my friends, rivals, coaches who I met from training in several different countries were all there in Tateyama where I started my journey of becoming an open water swimmer. It was an unbelievable site. They all came to me, talked to me and gave me hugs despite the race being minutes away from starting. I was happy to see them, but that hurt. THAT. HURT. What on Earth am I doing here not competing? If I was racing, I could have won a medal. Competitors who were in the race was a little easier to beat than the previous Pan Pacific from 4 years ago. Other than the winner today, I have already beaten before I got sick. BUT, THERE IS NO “IF”. Tateyama was the first open water race I competed, and this sea was the sea where I became Japanese champion. This sea was where I sailed off to the big world. The reality of not being in Tateyama as a competitor today set in. There will be no more Pan Pacific held in my hometown. Since 2nd of June, I have been feeling a terrible pain in my chest. My stomach hurts daily. Good night sleep was a thing of the past. I thought that I was mentally tough all my life, and I didn’t understand what was happening to my body. Why haven’t I taken some rest earlier? I was at my peak after high altitude training up in mountains, I was too cocky. I couldn’t ask my coach to rest my body despite the fact that I needed it. I wanted to challenge myself but that thought took over control of my body. Why did I race a week before Pan Pacific? Why didn’t I tape a time chip like how I usually do? During the qualifying race, my hand hit another competitor’s hand which made

I went to see the Pan Pacific today. I had no intention of going as I was training in Miyazaki. Perhaps I thought that I wasn’t ready to watch the race that I was supposed to be racing in. But two weeks ago, a person from America I know since I started off as a young open water swimmer insisted that although it will definitely be a very hard thing for me to do, I go and watch the race. “I can’t watch it” was an answer I gave to him. I just couldn’t even imagine it. My mind hadn’t changed until the very last minute. It was a difficult decision to make, but I decided to go. Many of my friends, rivals, coaches who I met from training in several different countries were all there in Tateyama where I started my journey of becoming an open water swimmer. It was an unbelievable site. They all came to me, talked to me and gave me hugs despite the race being minutes away from starting. I was happy to see them, but that hurt. THAT. HURT. What on Earth am I doing here not competing? If I was racing, I could have won a medal. Competitors who were in the race was a little easier to beat than the previous Pan Pacific from 4 years ago. Other than the winner today, I have already beaten before I got sick. BUT, THERE IS NO “IF”. Tateyama was the first open water race I competed, and this sea was the sea where I became Japanese champion. This sea was where I sailed off to the big world. The reality of not being in Tateyama as a competitor today set in. There will be no more Pan Pacific held in my hometown. Since 2nd of June, I have been feeling a terrible pain in my chest. My stomach hurts daily. Good night sleep was a thing of the past. I thought that I was mentally tough all my life, and I didn’t understand what was happening to my body. Why haven’t I taken some rest earlier? I was at my peak after high altitude training up in mountains, I was too cocky. I couldn’t ask my coach to rest my body despite the fact that I needed it. I wanted to challenge myself but that thought took over control of my body. Why did I race a week before Pan Pacific? Why didn’t I tape a time chip like how I usually do? During the qualifying race, my hand hit another competitor’s hand which made
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

今日、僕はパンパシの試合会場に行った。宮崎でトレーニングをしていたから、会場に行く気は全くなかった。行けないと思ってた。自分がオープンウォーターを始めた駆け出しの頃から自分を知っているアメリカの水泳関係者が2週間前くらいに、来年と東京オリンピックの為に絶対、ものすごく辛いし、苦しくなるけど試合会場に行って試合を見に行け。と僕に彼は言った。僕はそれはできないと彼に言った。想像がつかなかった。本当に直前まで行く気はなかった。試合が近づくにつれたギリギリの時に、行こうと決めた。 会場について、自分がオープンウォーターを始めてから、海外を転戦して、海外で一緒にトレーニングしてきた仲間、友達、コーチ達が、自分がオープンウォーターを始めた 館山の海にいた。信じられない光景だった。 みんな自分のところに来て、ヤス、ヤスって試合前なのに話しかけてくれたり、ハグをしてくれた。嬉しかった。辛かった。辛かった。 俺は今、何をやっているんだろうと。もし、今日のレースに出場していたらメダルは確実にとれていた。4年前の前回大会よりもレベルは低く、優勝した選手以外に体調を崩す前の自分は勝っていたから。 だが、もしはない。 自分が初めてオープンウォーターの試合をした海。自分が初めて日本一になった海。自分がこの海から世界に出て行ったこの海。もう2度とない地元開催のパンパシフィック選手権に自分は選手としていない現実。今まで感じたことも味わったことのない胸が切り裂かれるような痛みを6月2日からずっと味わってきた。 毎日、胃が痛い。夜もなかなか寝れない日々。 今まで自分はメンタル強いです。と公言していた人間が、こうなるなんて自分でも理解できなかった。どうして、もう少し調整を早い時期からしなかったんだろうか。高地合宿から帰ってきて調子が過去最高に良すぎて、ノリに乗っていた自分もいたし、コーチに、これ以上追い込んだら、身体が壊れる。と今までの自分だったら言えたのに、言えなかった自分がいた。らしさがなかった。 今まで以上の結果をもとめてるから、ギリギリの上の努力に挑戦しないとという気持ちが強すぎた。どうして、1週間前に競泳の試合にでたのか。どうして、手につける計測チップを固定するためのテープをいつものように巻いていなかったのだろうか。 選考会のレースの途中、他の選手と接触して片方のチップがとれてしまっていた。ゴールする時、その手が先に出てしまって、チップがついてる手でタッチしたからわずかのコンマの差で、代表権を逃した。試合当日の朝、熱も咳も止まっていない状況でその差だった。 振り返りたくないし、ゴミ箱に捨ててしまいたいのに、その後悔をずっとポケットにしまっている自分があの日からいた。家に戻って、めちゃくちゃおちた。会場で我慢していた分、涙がとまなかった。部屋でうずくまって、このまま消えたいとおもった。地元、東京オリンピック前に今日メダルをとれていたら、どれだけ、自分も幸せだったし、周りの人達にも幸せを、ヤスを支えて、応援してきてよかった。って思ってもらえただろうと。試合中、金丸市長と目があった時に、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。 ふるさと大使の自分が今日メダルをとっていたら。と。。 本気だったから、後悔をしている。みんな、本当にごめんなさい。もう、こんな気持ちは2度とごめんだ。オリンピックの出場権がかかる来年の世界水泳。2年後の本番。絶対笑顔でレースを終えたい。自分も周りもレースの結果で幸せにしたい。明日宮崎に戻る。自分はとても弱い人間だって事をこの何カ月間毎日痛感している。 どうが、自分が諦めない限り、僕を支えて下さい。力を貸して下さい。応援して下さい。
2018/08/14

今日、僕はパンパシの試合会場に行った。宮崎でトレーニングをしていたから、会場に行く気は全くなかった。行けないと思ってた。自分がオープンウォーターを始めた駆け出しの頃から自分を知っているアメリカの水泳関係者が2週間前くらいに、来年と東京オリンピックの為に絶対、ものすごく辛いし、苦しくなるけど試合会場に行って試合を見に行け。と僕に彼は言った。僕はそれはできないと彼に言った。想像がつかなかった。本当に直前まで行く気はなかった。試合が近づくにつれたギリギリの時に、行こうと決めた。 会場について、自分がオープンウォーターを始めてから、海外を転戦して、海外で一緒にトレーニングしてきた仲間、友達、コーチ達が、自分がオープンウォーターを始めた 館山の海にいた。信じられない光景だった。 みんな自分のところに来て、ヤス、ヤスって試合前なのに話しかけてくれたり、ハグをしてくれた。嬉しかった。辛かった。辛かった。 俺は今、何をやっているんだろうと。もし、今日のレースに出場していたらメダルは確実にとれていた。4年前の前回大会よりもレベルは低く、優勝した選手以外に体調を崩す前の自分は勝っていたから。 だが、もしはない。 自分が初めてオープンウォーターの試合をした海。自分が初めて日本一になった海。自分がこの海から世界に出て行ったこの海。もう2度とない地元開催のパンパシフィック選手権に自分は選手としていない現実。今まで感じたことも味わったことのない胸が切り裂かれるような痛みを6月2日からずっと味わってきた。  毎日、胃が痛い。夜もなかなか寝れない日々。 今まで自分はメンタル強いです。と公言していた人間が、こうなるなんて自分でも理解できなかった。どうして、もう少し調整を早い時期からしなかったんだろうか。高地合宿から帰ってきて調子が過去最高に良すぎて、ノリに乗っていた自分もいたし、コーチに、これ以上追い込んだら、身体が壊れる。と今までの自分だったら言えたのに、言えなかった自分がいた。らしさがなかった。 今まで以上の結果をもとめてるから、ギリギリの上の努力に挑戦しないとという気持ちが強すぎた。どうして、1週間前に競泳の試合にでたのか。どうして、手につける計測チップを固定するためのテープをいつものように巻いていなかったのだろうか。 選考会のレースの途中、他の選手と接触して片方のチップがとれてしまっていた。ゴールする時、その手が先に出てしまって、チップがついてる手でタッチしたからわずかのコンマの差で、代表権を逃した。試合当日の朝、熱も咳も止まっていない状況でその差だった。 振り返りたくないし、ゴミ箱に捨ててしまいたいのに、その後悔をずっとポケットにしまっている自分があの日からいた。家に戻って、めちゃくちゃおちた。会場で我慢していた分、涙がとまなかった。部屋でうずくまって、このまま消えたいとおもった。地元、東京オリンピック前に今日メダルをとれていたら、どれだけ、自分も幸せだったし、周りの人達にも幸せを、ヤスを支えて、応援してきてよかった。って思ってもらえただろうと。試合中、金丸市長と目があった時に、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。 ふるさと大使の自分が今日メダルをとっていたら。と。。 本気だったから、後悔をしている。みんな、本当にごめんなさい。もう、こんな気持ちは2度とごめんだ。オリンピックの出場権がかかる来年の世界水泳。2年後の本番。絶対笑顔でレースを終えたい。自分も周りもレースの結果で幸せにしたい。明日宮崎に戻る。自分はとても弱い人間だって事をこの何カ月間毎日痛感している。 どうが、自分が諦めない限り、僕を支えて下さい。力を貸して下さい。応援して下さい。
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

For TV.#Roadtotokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

Unfortunately I became ill from over work right before the panpac2018 selection race, so I won’t be racing. I wish all the best to my friends from overseas and the Japanese team.#RoadtoTokyo2020
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

原点。2007年から11年目。フロッグマン。#roadtotokyo2020 #frogman
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

Thank you so much for your support. :)@vansbrosimningen
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

Ramen dinner with my Swedish teammate #friendship #roadtotokyo2020 #stockholm #sweden
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/

With My London family @mldm_56 @dicky_bird @wegmells @_.daisywells._#bestfamilyintheworld #roadtotokyo2020 #london  #londonfashion #londonlife #londonart #londoncity
from https://www.instagram.com/yasunari_hirai/