IMG_6035

最近はまとまった近況を書いていなかったので、今日は書き残します。五輪最終選考会まで1ヶ月になりました。
試合は6月12日です。
今週と来週のトレーニングが選考会前で一番ハードなセッションです。2週間後には競泳のJPOPENにも出場します。
昨年の11月から選考会に向けてずっとトレーニングを積んできました。こんなに強度の高い練習を継続して取り組んできたのは自身でも初めてです。それ共ない、辛い時期、苦しい時期もありましたが、その分精神力も養われたと思っています。
4年前の自分と今の自分の違うところはまず到達点の違いです。
4年前は五輪選考会で出場権を獲得すれば100点満点でした。
今は違います。選考会での出場権獲得はあくまでも
リオで先に決めている10人と戦う切符を獲得するためであり、
到達点ではありません。常にそこの意識がけは強くしています。

今の実力でいけば間違いなく選考会では上位で出場権を獲得できると思っています。体のスペック面でも、そうですが、テネシーでのスキルのトレーニング、日本に帰国してからは今でもオンラインでOWSスキルの講義を受けてきていますし、戦術面のトレーニングも積んできています。海外トップレースのキャップ数も4年前と違います。

自分でスポンサーを探し、自分でトレーニング拠点を見つけ、
全ての事をロンドン後取り組んできました。
その分、まわり道をしたと思います。大きなまわり道でした。
ですが、そのまわり道がなければ出逢えなかったたくさんの人達、海外での生活、全てが僕の人としての可能性を広げてくれ、考え方や思考も大きく変わり、今、しっかりと自分の人生で成し遂げたい志を持ち
毎日を過ごすことができています。

僕が今生きる世界は勝負主義の世界です。
0か1しかない世界です。
この世界で生きていく気持ちをわかってもらえない
時も多々あります。

オリンピックに行くこと、オリンピックで勝負すること。
それを成し遂げないと、今までどんなに努力しようが、頑張ろうが、意味を持ちません。道も切り開くことを持ちません。

だから、何が何でも勝ち抜くという気持ちが必要なのです。

残り1ヶ月、この4年に1回しか感じることのできないこの感覚を
良い意味で楽しみ、エネルギーに変え、最後まで気を抜かず、
まずは出場権を獲得して、日本に帰ってこれるように生きていきます。
ロンドンの後、僕を助けてくださった人、支えてくれた人、応援し続けてくれている人達に、しっかりとした形を見せたいです。
自分にはそれが必ずできると思っています。

ヤス








COPYRIGHT (C) 2014 YASUNARI HIRAI ALL RIGHTS RESERVED.